メッセージアイコン

メッセージ

メッセージアイコン
メッセージ
木村繁 代表取締役社長
そこに暮らしが
ある限り。
タプロス株式会社
代表取締役社長
木村繁
弊社は今期で第62期を迎える事が出来ました。これもひとえに皆様のおかげと深く感謝申し上げます。

今期のわが社の経営理念は「私たちは信頼と安心で、お客様の暮らしをお手伝いする企業でありたい。-そこに暮らしがある限り-」です。時代の変化はあっても変えてはいけないわが社の本質的な考えで、今期も不変です。

今期は、昨第61期に作成致しました創業60周年記念事業、「Vision2020」の実行初年度でもあります。「Vision2020」は中期経営計画とも言うべき弊社5年後の第66期を見据えた計画書であり、これからの弊社の指針でもあります。

この中において、4つのライフライン、ガス・灯油・天然水・電気をベースに、住設機器販売や新規事業に取り組むとともに、企業と地域社会との関わり方、社員それぞれの働き方やライフスタイルを検討し、提言致しました。

目指す方向は、エネルギーから豊な暮らしのRE : ading Companyへ です。

未来に向かって新たに船出をしたタプロスを、今期もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
平成29年1月
タプロス株式会社
代表取締役社長 木村 繁
RE:ading Company
経営ビジョン
(途中経過報告会資料より)
チャレンジ50億 エネルギーから豊かな暮らしの RE:ading Companyへ(資料文章から抜粋)

60周年にあたり、創業時の先輩たちが何を思い描き、何を残してきてくれたのか?創業より基盤として支えてくれたプロパンガスを軸にエネルギー業界での先駆者になりたい。


造語作成時の思い
新しいことに取り組みには、まずはタプロスを支えてきてくれた様々な人たちに感謝と敬意を表さなければいけないと感じていました。

この造語の【RE】には、二つの意味があります。
①【RE】ビジョンで作成した新規事業を元に、生まれ変わっていくタプロスを見ていただきたい。
②【RE】2016年にビジョンを立ち上げ、取り組んだことを社員一人ひとりが振り返れる時間があってほしい。

単なる造語ではなく、社員のいろいろな思いが詰まった言葉です。
RE:ading Company
経営ビジョン
(途中経過報告会資料より)
チャレンジ50億 エネルギーから豊かな暮らしの RE:ading Companyへ(資料文章から抜粋)

60周年にあたり、創業時の先輩たちが何を思い描き、何を残してきてくれたのか?創業より基盤として支えてくれたプロパンガスを軸にエネルギー業界での先駆者になりたい。
造語作成時の思い
新しいことに取り組みには、まずはタプロスを支えてきてくれた様々な人たちに感謝と敬意を表さなければいけないと感じていました。

この造語の【RE】には、二つの意味があります。
①【RE】ビジョンで作成した新規事業を元に、生まれ変わっていくタプロスを見ていただきたい。
②【RE】2016年にビジョンを立ち上げ、取り組んだことを社員一人ひとりが振り返れる時間があってほしい。

単なる造語ではなく、社員のいろいろな思いが詰まった言葉です。